介護支援専門員(ケアマネージャー) 介護資格を取得しよう

2009年05月21日

介護支援専門員(ケアマネージャー)

介護支援専門員は2000年の介護保険制度開始に伴って、新たに創設された資格です。
現在、介護支援専門員という名称よりも、通称のケアマネージャーが一般に使われています。

ケアマネージャーは、介護保険のサービスを利用する際に、どのようなサービスをどのような目的で、どのくらいの利用するのかを利用者や家族と相談して、利用者の状態に沿ったケアプランを作成します。
事業者や市町村との連絡や調整、介護給付の管理などを行います。
利用者の介護サービスの開始後は、定期的に利用者宅に訪問し、利用者の状況を確認し、利用者の心身状態やサービスが合っているかなどの継続的な管理を行い、利用者の自立した生活を援助するのがケアマネージャーの仕事です。

ケアマネージャーになるためには資格認定が必要となります。
資格認定のためには、実務研修受講試験に合格し、実務研修を受けなければなりません。
看護師・理学療法士などの特定の国家資格取得者、特別養護老人ホームなどの相談援助業務の経験者、ヘルパーなど介護業務の経験者など、医療・福祉・介護の現場で原則として5年以上の経験者が受講試験を受けることができます。

ケアマネージャーの職場は、介護保険施設や在宅介護支援センターなど様々な職場があります。
日本は高齢化社会となり、要支援・要介護者の数は、これから増加していくと考えられます。
ケアマネージャーの介護資格取得は、その高齢者の生活を支えるプロとして認定されるということです。
経験や技術を持つケアマネージャーの介護資格取得は、高齢化社会が進む日本において大きな意義があると言えます。



posted by 介護資格さん at 23:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。