リハビリテーションとは 介護資格を取得しよう

2009年06月01日

リハビリテーションとは

リハビリテーションとは、様々な障害を持つ人の機能を回復・維持し、残っている機能を引き出し、身体的、社会的、職業的・教育的に社会生活を自立して過ごせるための援助を指します。
よりよい社会生活を過ごしQOL(生活の質)向上のために、医師や看護師をはじめ様々な人が協力して行う必要があります。
高齢化社会の中で、理学療法士や作業療法士などの介護資格取得は、これからの高齢者のリハビリテーションに大きく貢献することにつながります。
このリハビリテーションの中に、理学療法士が行う理学療法、作業療法士が行う作業療法、言語療法、音楽療法などがあります。

・理学療法
障害を持つ人、および障害の発生が予想される人の基本動作能力の回復・維持や障害の悪化の予防のために行うものです。
歩行訓練など運動を手段とする運動療法と、電気治療や温熱療法などの物理療法を合わせて理学療法と呼んでいます。

・作業療法
作業を通じて身体的・精神的な改善を目的とします。
陶芸やスポーツ、手芸、絵画などの作業や活動を手段として用いることから作業療法と呼ばれます。

・言語療法
失語症や構音障害、嚥下障害などにおける言語機能や摂食機能を回復させる目的で行われます。

・音楽療法
音楽によって脳の神経系を刺激し、機能の回復に努めます。

一口にリハビリテーションと言っても、利用者の状態によってそのリハビリテーションも様々です。
そのリハビリテーションに対応する、介護資格取得も理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、音楽療法士など様々なものがあるのです。


タグ:介護資格
posted by 介護資格さん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。