音楽療法士 介護資格を取得しよう

2009年06月03日

音楽療法士

音楽療法士になることは、介護資格取得の1つです。

心地よい音楽を聴くと心が癒されます。
このような音楽の効用を活用が音楽療法で、CDなどを聴かせたり、音楽療法士自身が楽器を演奏して、音楽を聴かせる方法と、利用者自らが楽器演奏をしたり、歌を歌ったりして気持ちを楽しくさせたり、心身状態を改善させます。
音楽療法士として求められることは、優れた音楽家であり、心理学にも通じていることです。
どのような音楽療法を取り入れるかを決める判断力も必要となります。
音楽療法士の職場は、介護老人保健施設やリハビリテーションセンター、障害者の施設などがあります。

音楽療法士となるためには、日本音楽療法学会で資格認定を受ける方法があります。
資格認定を受けるためには、大学などでカリキュラムを履修して筆記試験に合格する、1年以上の臨床経験を積む、講習を受けるなどの方法があります。
また、独自に音楽療法士の養成を行っている社会福祉協議会や地方の自治体などもあります。
このように、現在、音楽療法士は民間資格です。
音楽療法士は、日本音楽療法学会での認定は2011年3月までの暫定で、その後は認定校での専門教育を受けた人を対象とした資格となる予定です。
現在、音楽療法士は、国家資格化を目指しての運動が行われています。
音楽療法士としての介護資格取得は、これからの日本において音楽療法士の需要が大きくなると予想される現在、大きな意義を持つことなのです。



posted by 介護資格さん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。