日記 介護資格を取得しよう

2009年05月30日

ケアプラン

ケアマネージャーとしての介護資格取得は、高齢者が自立した生活を過ごすための援助を行い、高齢化社会である日本においては大きな意義があります。
ケアマネージャーとしての仕事の1つにケアプラン作成があります。
ケアプランとは介護保険でのサービスを受ける時に作るサービス利用のための計画書です。
要支援1・2の人に対しては、介護予防のためのケアプランを作成し、要介護1?5に認定された人には、介護サービスに対するケアプランを作成します。
要介護の施設サービス利用の際は、施設のケアマネージャーがケアプランを作成します。
在宅での介護サービス利用の際には、居宅サービス計画作成依頼届出書を市町村の介護保険担当課に提出します。
この居宅サービス計画がケアプランです。

ケアプランを作るためには、ケアマネージャーは利用者本人、利用者の家族との充分な相談が必要です。
ケアプラン作成に関する利用料は、利用者が負担を理由に、ケアプラン作成しないことを防止するために、サービス利用者に負担はありません。
そして、どのサービスを何のためにどのくらい利用するのかを考えてケアプランを作っていきます。
例えば、週何回ホームヘルパーに来てもらう、訪問リハビリを利用する、デイケアに行く、などの計画を立てていきます。
そのケアプランに基づき、実際のサービスを利用します。

サービスを利用して不都合な点が出てきた場合は、利用者の状態や希望に沿ってケアプランを見直すことができます。
ケアマネージャーは、高齢者の生活を支える立場であって、決して主導者でないことを自覚して、仕事を行うことが大切です。
ケアプランは、利用者の生活や心身状態を維持、回復させるように考えることが重要なのです。
ケアマネージャーの介護資格取得した後は、利用者のことをしっかりと考えたケアプラン作成を行ってください。



posted by 介護資格さん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

介護支援専門員(ケアマネージャー)

介護支援専門員は2000年の介護保険制度開始に伴って、新たに創設された資格です。
現在、介護支援専門員という名称よりも、通称のケアマネージャーが一般に使われています。

ケアマネージャーは、介護保険のサービスを利用する際に、どのようなサービスをどのような目的で、どのくらいの利用するのかを利用者や家族と相談して、利用者の状態に沿ったケアプランを作成します。
事業者や市町村との連絡や調整、介護給付の管理などを行います。
利用者の介護サービスの開始後は、定期的に利用者宅に訪問し、利用者の状況を確認し、利用者の心身状態やサービスが合っているかなどの継続的な管理を行い、利用者の自立した生活を援助するのがケアマネージャーの仕事です。

ケアマネージャーになるためには資格認定が必要となります。
資格認定のためには、実務研修受講試験に合格し、実務研修を受けなければなりません。
看護師・理学療法士などの特定の国家資格取得者、特別養護老人ホームなどの相談援助業務の経験者、ヘルパーなど介護業務の経験者など、医療・福祉・介護の現場で原則として5年以上の経験者が受講試験を受けることができます。

ケアマネージャーの職場は、介護保険施設や在宅介護支援センターなど様々な職場があります。
日本は高齢化社会となり、要支援・要介護者の数は、これから増加していくと考えられます。
ケアマネージャーの介護資格取得は、その高齢者の生活を支えるプロとして認定されるということです。
経験や技術を持つケアマネージャーの介護資格取得は、高齢化社会が進む日本において大きな意義があると言えます。



posted by 介護資格さん at 23:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護保険で利用できる介護サービス

介護保険で要介護(要支援)認定を受けると、利用者負担1割でサービスを利用することができます。
介護サービスは、要支援1、2の人が利用できる予防給付(介護予防サービス)と、要介護1?5の人が利用できる介護給付(介護サービス)があります。

要介護1?5と認定された人が利用する介護サービスには、在宅サービスと施設サービスがあります。
施設サービスは在宅での生活が困難な人が利用するサービスで、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム、ユニット型特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、介護療養型医療施設(療養病床)があります。

介護サービスの中の在宅サービスには、下記のようなサービスがあります。

・訪問介護(ホームヘルプサービス)、
ホームヘルパーが利用者の家庭を訪問し、利用者の個別の状況に合わせて身体介護や生活援助のサービスを提供します。

・夜間対応型訪問介護
夜間にホームヘルパーが自宅を訪問し、排泄の世話などの対応を行います。

・訪問介護
看護師などが家庭を訪問し、利用者の病状の観察や、寝たきりの人の床ずれ予防などの対処を行います。

・訪問リハビリテーション
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などが家庭を訪問し、機能回復訓練などのリハビリテーションを行います。

・居宅療養管理指導
医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士などが療養上の管理や指導を行います。

・訪問入浴介護
浴槽を積んだ入浴車が自宅を訪問し、入浴の介助を行います。

・通所介護(デイサービス)
利用者はデイサービスセンターなどに通い、食事の提供、入浴、利用者の状況に合わせた機能訓練などを受けます。

・通所リハビリテーション(デイケア)
老人保健施設などに通って機能回復訓練などのリハビリテーションを受けます。

この他にも、認知症対応型の通所介護や小規模多機能型居宅介護など、利用者の状況に応じたサービスがあります。
このようなサービスを行う仕事には、介護資格取得した人が多く従事しています。
介護資格取得は、高齢者への介護サービスを支える大きな力となっています。


ラベル:介護 資格 
posted by 介護資格さん at 23:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。